<< 太陽光発電システム設置工事開始!! | main | 東根にも発電所誕生!! >>
ソーラーフロンティア、キャンペーン実施中!!
0
    早いもので、9月に入ってしまいました。

    歳を重ねていくと、月日のたつのが本当に早く感じます

    季節の変わり目で体調管理に気をつけたい時期でもあります。

    食べ物もおいしく感じ、暴飲暴食にも気を付けたいですね
     


    今日のご紹介は、




    ソーラーフロンティア社のキャンペーンです


    太陽光発電にご興味のある方は、

    是非、お気軽にご相談ください

    事務所兼住宅の屋根の上では、




    ソーラーフロンティア社の薄膜一面黒の太陽電池モジュールが

    日の出から日没まで、まじめに働いて

    電気を発電してくれております。

    本当に働き物


    P.S  私よりも働いて稼いでくれているかも
                                    byソーラーママ

    カテゴリ:自然エネルギー | 16:10 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
    コメント
    太陽光発電をした電力を電力会社の電気料金よりも高い価格で電力会社に売電することができる。
    その差額は電力会社が電気料金に上乗せする。
    従って、太陽光発電をしていない人々が負担しなければならない。その結果、貧しい人々はますます貧しくなる。
    その上、国や自治体が税金を使って太陽光発電に補助金を出している。
    太陽光発電をしない人々はその税負担もしなければならない。
    貧乏人にしわ寄せがいくような制度は改めなければならない。
    | 盗人・李メドベージェフ | 2011/09/01 6:24 PM |
    コメントありがとうございます。
    この問題はたいへん大きな問題です。

    太陽電池への電力料金や補助金の
    出し方など、色々な議論がございますね。
    この問題について当方の意見を書き込むには
    かなりの長文になってしまいますので、
    手短にコメントさせていただきたいと思っております。

    確かに現在の太陽電池への余剰買取料金に付きましては
    各ご家庭などの電力料金に上乗せする形で
    徴収されております。
    ご存知のように最近できた制度です。
    この太陽電池余剰買取料金について議論する前に
    そもそもの電力料金の内訳はどうなっているのでしょう?

    その電力料金の内訳にはすでに国内での発電施設の
    全コスト負担分が含まれて徴収されております。
    現在の水力・火力・原子力すべてのコスト
    負担分が含まれております。
    国内の電力はすべての国民が別け隔てなく
    負担しようという考えからです。
    太陽電池の余剰買取料金も電気料金に
    上乗せになっているのはこの
    考えからです。

    電力料金はかなり膨大な金額になります。
    3・11を経験した今、この電力料金の
    使い方や透明性をもっと考えても
    いいような気が致します。

    ちなみに当地区では、火力発電所の電力を
    使用しておりますが、我が家のお支払いしている
    電力料金には我が家では使用していない原子力発電所のコスト負担分が
    徴収されております・・・・・

    | solarworld | 2011/09/02 2:20 AM |
    コメントする









    この記事のトラックバックURL
    http://blog.solar-world.jp/trackback/1006046
    トラックバック